本文へスキップ

JEIC販売株式会社は日々の習慣を見直す商品を取り扱う企画・製造会社です。

電話でのお問い合わせはTEL.042-659-3110

ベッドから車椅子への移動方法

ベッドから車椅子への移動方法 将来、家族の介護を視野にいれているという方は、様々な知識・技術を今のうちから身につけておくことをおすすめします。こちらでは、ベッドから車椅子への移動方法の手順やポイントをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

車椅子をベッドの側面に設置

車椅子をベッドの側面に設置

車椅子への移動距離を短くするため、ベッドの側面に対し角度20度から30度の場所に車椅子を設置しましょう。適度な角度があることで、ベッドと車椅子との隙間が少なくなります。

また、本人が奥のアームにつかまりやすくなるため、安全に移動することができます。この時、しっかりと車椅子にストッパーがかけてあるか確かめましょう。

ストッパーが外れていると、つかまった時に車椅子が動いてしまい、お互いに転倒してしまう危険があります。

肩につかまってもらいながら立ち上げる

車椅子を設置したら、介護する方の肩につかまってもらい、充分に前屈みになりながら立ち上がってもらいましょう。この時、声かけを行いながら立つタイミングを合わせることが大切です。

また、介護する方は足を大きく広げて重心を足に置いて持ち上げることで、腰に負担をかけることなく立ち上がらせることができます。

方向転換をして車椅子に座らせる

立ち上がることができたら、今度はバランスを崩さないようにゆっくりと腰・足を回転させて方向転換をします。本人と車椅子の間に隙間がないように体勢を整えたら、立つ時と同じように前屈みになりながら車椅子に座ってもらいましょう。

医療費や介護給付金などを抑制するという観点から、平均寿命と健康寿命の差を縮めることが課題となる日本では、2020年には高齢化率が30%近くに達すると言われています。また、2050年には国民の4割が高齢者となる社会が到来すると言われているため、今のうちから自分の老後のことはもちろん、家族の老後や介護についても真剣に考える必要があります。

弊社では、介護者の負担を軽減させるベッドと車椅子間移動応援器具を販売しています。他にも、お布団の上で入浴できる介護用ベッドバスや折りたたみ式の軽量介助車椅子なども販売していますので、介護用品をお探しの方はぜひご利用ください。

JEIC HANBAI CO.,LTDJEIC販売株式会社

〒192-0023
東京都八王子市久保山町2−36−4
TEL 042-659-3110
FAX 042-659-3550

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー